C004_P004_1600_hp.pngC004_1600_hp.pngP004_1600_hp.png

P-004 / C-004

ベリリウム銅電極にプラチナ+パラジウムメッキ 
エキサイティングサウンド

audio_meiki2008_73.png

vgp2008_73.png

botan_kounyuu_oy03.png

概要

「M1、F1」によって新たに切り開かれた新たな世界観。そして価値観。

大胆にも、電極部に世界初といっても過言ではないベリリウム銅を採用し、世界中のオーディオファイルにその圧倒的な存在感を知らしめしました。更に「M1,F1」から奏でられるエモーショナルでエキサイティングなサウンドは、数多くのオーディオファイルを熱狂の渦へと巻き込みました。そして2007年CESにて初登場を果たし、フラッグシップモデル「F1、M1」のフィロソフィを継承し、高い実用性とパフォーマンスの絶妙な調和を果たした「P/C-004」が、いよいよ日本上陸です。

オヤイデ電気はつねに自らの本能に忠実であり続け、進化し続けてきました。それは誰をも駆り立てる本能に忠実な製品を造るためであり、ユーザーのあらゆる嗜好に対して対応する、オリジナリティ溢れるサウンドを提供するためです。こうしてプラグ/コネクターによるサウンドの選択肢を広げ、かつてない革新的な製品を開発するためには、長い年月による進化の積み重ねが必要です。

C004_P004_800_hp.jpg

その成果が結実した「P/C-004」のエモーショナルでエキサイティングなサウンドは、オーディオファイルを魅了せずにはおきません。加えて、5年以上にわたって培われてきたオヤイデ電気の電源プラグに対する伝統と独自性がみなぎります。

P/Cシリーズのほかのモデルと同じく、「P/C-004」の核心はその基礎となる素材の選択やプレーティング技法、更にはユーザビリティにあります。「P/C-004」の電極部には、既に「M1,F1」によってそのパフォーマンスを証明された、ベリリウム銅を採用。高伝導性を有し、且つ十分な機械的特性を兼ね備えた特徴を示し、接合部のバイブレーションの低減やロスのない伝送を実現。

プレーティングに於いても、数十種類に及ぶメッキを徹底的にテストし、プラチナ+パラジウムのコンビネーションプレーティングを選定。またアウターシェルには、樹脂の中でも抜群の機械的強度を誇る、ポリカーボネイトを採用。そのカラーリングにも「P/C-004」らしさを取り入れ、エモーショナルでエキサイティングなサウンドをイメージしたブラックダイヤモンド・カラーを新たにブレンドしました。


27個で構成される"完全なるMADE IN JAPAN"のパーツ類

151210.jpg

厳しい生産管理の下で良質の材料を使用し、精度を高めたすべてのパーツは国内生産品すなわち"完全なるMADE IN JAPAN"を可能にしました。これにより主要部材は外部調達部材を使用することなく、自社製品による”音のトータルプロデュース”が可能となりました。伝統のオヤイデサウンドのDNAを脈々と受け継ぎながらも、現代オーディオには不可欠な、ハイスピード、高解像度、広大なサウンドステージを兼ね備えた製品へと生まれ変わりました。

特徴

ひとつひとつのパーツが組み合わされて、ひとつの電源プラグに

材質・素材

P/C-004の電極(ブレード)には、F1/M1と同じ、高伝導性を有し、且つ十分な機械的特性を兼ね備えているベリリウム銅を採用。フラッグシップ・モデルにふさわしい素材の選択です。また、ベリリウム銅は、極めて時効性に富む合金で、熱処理によって極めて高い機械特性を持たせました。このブレードは厚さ1.0mm、幅6.0mmのハイレベルの接触面積と剛性を有し、加重重量8kg以上という強靭なホールド感を実現。これにより接合部のバイブレーションの低減やロスのない伝送を実現。

職人の手によるひとつひとつ磨きあげられたメッキ処理

P/C-004の電極(ブレード)には、F1/M1と同じ、数十種類に及ぶメッキを徹底的にテストし、プラチナ+パラジウムというフラッグシップ・モデルにふさわしいコンビネーションを選定。1層目のプラチナは0.5μ、2層目のパラジウムは0.3μの厚みで施しました。

-10.jpg

パーツとして打ち抜かれた素材は、機械的にバレル研磨されその後、人間の手により1つ1つバフ研磨を施します。これら2度に渡る研磨工程をオーディオ用として応用された例は他に類を見ません。鏡面仕上、そしてダイレクトメッキ。シンプルだからこそ作りこまなければならない。ここにも、オヤイデ電気の哲学と、クラフトマンシップが凝縮されているのです。


電極部分だけではない妥協のないパーツ選定

1本からこだわり抜いた非磁性体ステンレスネジ

neji_1.jpg

オヤイデ製品のこだわりはネジ1本からこだわります。
P/Cシリーズのに使われているネジは、P/Cシリーズの為に作られた特注品のステンレス製ネジ、非磁性体も、もちろんのこと、ネジピッチを細目にすることによって、本体とカバーの接触面積を多くとっております。
その結果本体とカバーがゆがみにくく、ネジも緩みくい作りとなっております。

neji_2.jpg

またトルクをかけ過ぎて、ねじ山をつぶしてしまった という経験はありませんか?弊社のプラグに使用しているビス類は全てステンレスを使用しているため、トルクをかけすぎてもねじ山が潰れる、頭が取れるといったことはありません。また、ステンレス自体非磁性体な為、コネクター部分で帯滋することなくS/Nの高い音をご提供いたします。

GF+PBTボディ

P/C-004のボディには、優れた機械特性と電気絶縁性を併せ持つ、高比重エンプラ素材PBT+GF30%を使用。高剛性のボディは、高速振動減衰を実現しました。さらに、全てのネジはステンレス製でP/CシリーズおよびF1/M1専用に作られた完全オリジナルビス。剛性の高いステンレスネジはトルクをかけすぎて、ねじ山が潰れる、頭が取れるといったトラブルはありません。また、最大ケーブル取り付けサイズは10sq(5.5sq×2本)で抜群の作業性を誇ります。刃受け部分とケーブルの引っ張り強度は30kg以上で、ちょっとした引張りでも抜けてくるようなことはありません。 これも安全面を十分考慮した結果です。

高剛性ポリカーボネイド

本体カバーには、肉厚ポリカーボネイドを使用しました。この材質の選定は、その強度と硬さにあります。微弱振動をレスポンス早く減衰させ、剛性を高めた為歪感がありません。

kabapc.jpg


ケーブル適応外径

電源ケーブルを自作したときに、制震を目的としてブチルを巻いたり、ノイズ遮断テープ 等を使用してついつい太くなってしまった経験はありませんか?本製品はそんなお客様にも安心してお使いいただけるよう、 IECプラグ、電源プラグ共に最大外径17mmのケーブルに対応できます。 これで、テープや制震処理でついつい太くなってしまっても、もう安心。

toritukea.jpg

※クランパーを外しますと、最大17mmまでケーブルがご使用可能です。

ケーブル取り付け穴

出来るだけ太いケーブルを使いたい、作りたい! そんなお客様のために、ケーブル取り付けサイズは最大10sq(5.5sq×2本) まで対応可能(但し許容電流は125V15A)


シリアルナンバー付きホログラムシールによる管理体制

オヤイデ電気のP/C(プラグ/コネクター)シリーズには管理の為、全てシリアルナンバー付きのホログラムシールを貼ってあります。 また出荷時にはオリジナルの缶ケースに入った状態ですので、輸送中の衝撃から本体を守ってくれます。

004.jpg



AEXオーディオ銘機賞2008受賞モデル

aex2008_150.jpg


ビジュアルグランプリ2008受賞モデル

vgp2008_150.jpg




botan_kounyuu_oy03.png


製品仕様

品名 P-004/C-004
ブレード ベリリウム銅 (表面研磨)
メッキ 2回磨き上げの後、プラチナメッキ(0.5μ)+パラジウムメッキ(0.3μ)
ケーブル適応外径 最小 6.5mm  最大 17.0mm
最大ケーブル適応ゲージ AWG10 (5.5sq)
定格 125V・15A仕様 <PS>E認証品
JAN CODE P-004:4562112765728
C-004:4562112765711
定価 各 9,500円(税別)
発売年月日 2007年9月1日

ページトップへ戻る