OSP_SS_1600_hp.png

OSP-SS

M4ネジ付きステンレス小型スパイク
OCB-1 Ver.2012専用品

botan_kounyuu_oy03.png

概要

2012年春にオヤイデ電気の電源タップ“OCB-1シリーズ”がマイナーチェンジされ、様々なオプション品がタップ底面に取り付け可能になりました。これらオプション品を搭載することで、設置が安定することは勿論のこと、同じ電源タップでありながら、オプション品の選択で様々な音色の追求が可能になりました。

オプション品である、真鍮削り出しスパイク「OSP-SC」をはじめ、御影石ベース「OCB-BS」、マルチベースインシュレーター「INS-BS」といったオプション品は、すでに多くのOCB-1ユーザーにご好評いただいています。

そして2012年末、OCB-1 シリーズVer.2012専用オプション品に新アイテム「OSP-SS」が登場します。

特徴

「OSP-SS」はSUS303ステンレスを高精度に削り出したスパイクです。OCB-1取付側には、M4のネジがスパイク部と一体削り出しで設けられており、OCB-1 シリーズVer.2012の底面へ、簡単にネジ止め固定できます。OSP_SS_400.jpg

OSP-SSは、OCB-1シリーズの最新マイナーチェンジモデルに取り付け可能です。OCB-1の底面四隅にネジ止めできるように設計されています。ネジサイズはM4サイズです。したがって、OCB-1以外にも、M4サイズのネジ孔があればOSP-SSを取り付け可能です。

OSP_SS_002_400.jpg

OSP-SSによって、OCB-1は点接触を実現し、床面からの振動を減衰。音質劣化の主要因である振動を減衰することで、OCB-1の性能をさらに引き出しますステンレスの有する高い剛性によって、理想的な点接触を実現。明瞭なコントラストと、ダンピングを効かせた低域、冴えわたる中高域が、OCB-1に新たな命を吹き込みます。

OCB-1Ver.2012と、それ以前のOCB-1とは、OCB-1底面の金色のネジ穴があるか否かで見分けられます。詳しくはオーディオみじんこブログをご覧ください。

製品仕様

品名 OCB-1シリーズ専用スパイク 「OSP-SS」
対応機種
(OCB-1シリーズ Ver.2012)
OCB-1EXs、OCB-1 DXs、OCB-1 SX、OCB-1 ST
材質 ステンレス削り出し(SUS303)
寸法 φ14mm、全長13mm、スパイク角度120° (うちスパイク部分 高さ7mm、ネジ長さ6mm、ネジ径M4サイズ)
入り数 4個セット
JAN CODE 4582387100888
定価 1,800円(税別)
発売年月日 2012年12月10日

ページトップへ戻る