dr_510_1600_hp.png

DR-510

飽くなきまでのピューリティ

audio_meiki2006_73.png

vgp2011_summer_silver_73.png

botan_kounyuu_oy03.png

概要

発売と同時にセンセーショナルを巻き起こしたFTVS-510。信号をいかに劣化させずに伝えるか、その答えが「純銀」でした。高品質5N純銀を中心導体に配置し、今までのメタルでは成しえなかった高導電率を誇ります。更には絶縁体、EMI、特性値と多角的方面より検証を行い、いかに「純銀」というレアメタルを活用してケーブルを作るかに心血を注いだFTVS-510。その斬新で先進的なコンセプトは、映像のみならず、デジタルケーブルとしても高い評価を得ています。元来、映像デジタルケーブルとして設計されたFTVS-510は無限の信号伝送において無限の可能性を秘めたケーブルです。そしてその秘めたるポテンシャルは今、遂にその真価を発揮する時が来たのです。

”DV-510F”を語る上でもっとも特徴的なのは、中心導体に採用された5N純銀です。高度な生産管理の下高周波電気炉による連続鋳造、19工程にも及ぶ冷間圧延、2度に渡る焼鈍作業、ダイヤダイスによる引き抜き加工、スキンパス処理などを行い、純度だけではなく結晶組織にも配慮された高品位銀線です。これにより、応力歪みがなく整列結晶化された導体が完成しました。絶縁体には、絶縁体中最も誘電率の低い、PFAを採用。また充填層には、誘電率の低下を実現するフォームPEを充填層に設け”FTVS-510”の伝送特性の向上に大きく貢献します。さらに、シールドに至っては高いシールド性能を誇る3レイヤー・ハイブリッド・シールディング。ワイドバンドのノイズをプロテクトすると共に、微弱なスパークノイズに対してもシールド性能を発揮します。

すべてにおいて理論的かつ建設的に作り上げられた”DV-510F”。インピーダンスは75オームに設定されています。これはアナログ伝送はもちろんのこと、デジタル伝送においてもその性能を如何なく発揮することを意味します。もちろん端末コネクターにおいてもオヤイデらしさが漲ります。”DV-510F”専用に作られたエクストリームF型プラグ"FPS-9"を装着。

"FPS-9"はなんと、中心コンタクトにFTVS-510と同様に純銀が惜しげもなく投入。この中心コンタクトも、4mmの純銀ソリッド材をNCマシニングによって一つ一つ丁寧に削りだされているのです。もちろん"FPS-9"のパーソナリティはそれだけではありません。絶縁体にはPFAを採用し誘電率の低下を図ると共に、ロックナット、リングなど部材は贅沢にもロジウムメッキが施されています。また、パールホワイトに輝くアウターシェルも真鍮のソリッド材をNCマシニングによって一つ一つ丁寧に削りだし、ノイズに対して如何なく性能を発揮します。

地上デジタル放送の普及により映像の画質は飛躍的に向上しました。しかし、ハイエンドユーザーにとってそれだけで満足できるでしょうか?孤高のアンテナ用ケーブルDV-510F。DV-510Fでしか味わえない明確な価値を与えてくれます。それは限られた人々にしか約束されない至福の時間を与えてくれることを意味します。

特徴

導体

中心導体には金属中、最も導電率の高い5N(99.9995%)純銀を使用。またその生産工程においても一切の妥協を排し、高周波電気炉による連続鋳造、19工程にも及ぶ冷間圧延、2度に渡る焼鈍作業、ダイヤダイスによる引き抜き加工、スキンパス処理などを行い、銀の純度が高いだけでなく、結晶粒界に隙間のない高品質な「銀線」を使用しました。

FTVS510_tenkaizu_560.jpg

半導体層

ケーブル内に信号が流れると微弱振動が発生し、静電気を帯電している物質はその振動によりコロナ放電をします。そこで、絶縁層の外周に半導体層を設けることにより、導体に影響を及ぼす事無く、静電気の放出を促します。

絶縁体

絶縁体には、絶縁物中最も誘電率の低いPFAを使用。更に振動拡散を目的として、FPE(発泡ポリエチレン)との複合構造を採用。電気特性だけではなく振動対策にも万全を期しました。

外装

外装は材質のカラーリングを嫌いシンプルに強化繊維スリーブのみ使用し、摩擦などによる静電気の帯電を防止するため、静電気帯電防止加工を施しました。

2層シールド

低周波ノイズに対して強化を図る為、銅テープ+錫メッキ銅編組を組み合わせましたが、「FTVS-510」は更に高周波ノイズに対しても強化を図り、周波数特性の高い銀メッキ銅編組(95%)を使用しました。

純銀センターピン使用コネクター

オヤイデ電気では端末プラグもケーブルのコンポーネンツと考えます。ケーブルの導電率を高めるのは勿論のこと、プラグ部分のコンタクトも導電率を高めなければ、真のエクスクルーシブとはいえません。純銀コンタクトコネクターSLSC/SLSBを採用することにより、完璧なまでの純銀伝送を実現。

音響専用ハンダ”SS-47”を使用

SS47_ALL_001_400.jpg

配線のハンダ付けには、オヤイデ電気オリジナルの音響専用ハンダ”SS-47”を使用。通常のはんだはコスト面から錫の純度が99.9%(3N)程度です。”SS-47”はさらに純度を上げ不純物を極限まで排し、実に99.993%(4N)以上という高純度錫を採用。また導電率の向上、はんだの食われ防止を目的とし、銀、銅を配合しました。しかも通常の合金はんだの場合、銀の配合比は3~3.5%ですが”SS-47”はなんと4.7%という物量を惜しげもなく投入。さらに、金属の中でも銀の次に導電率の高い銅を1.7%配合。この配合比により導電率は飛躍的に向上し、共晶点217度に設定することに成功。

勿論これらの配合比は、数値的なデータと作業性だけで判断したわけではありません。 オーディオ用ハンダと銘を打つには、音質が最優先されてしかるべきと考えます。 さまざまな配合比のプロトモデルを幾度とないヒヤリングテストにより生み出されたのが”SS-47”なのです。

製品仕様

品名 DR-510
ケーブル FTVS-510(5N純銀コア75Ω同軸)
プラグ SLSC(純銀コンタクトRCA)
ケーブル延長 0.5m増すごとに+3,250円(税別)
JAN CODE DR-510 0.7m 4562112764158
DR-510 1.0m 4562112764448
DR-510 1.3m 4562112764165
定価 DR-510 0.7m  15,500円(税別)
DR-510 1.0m  17,450円(税別)
DR-510 1.3m  19,400円(税別)
発売年月日 0.7m/1.3m  2005年11月15日
1.0m    2010年10月25日

ページトップへ戻る