continental_5s_v2_1600.jpgcontinental_5s_v2_002_1600.jpg

Continental 5S V2

五大陸の名を冠したHi-Fi USB、電源を精密導体102 SSC にすることで更なる高みへ。

botan_kounyuu_oy03.png

概要

2009年のd+USBシリーズでプロ向けUSBケーブルの地歩を固めたオヤイデ電気は、2011年にはオーディオファイル向けのHi-Fi USBケーブルとして"Continental 5S"を発売。

"Continental 5S"は、オヤイデのオーディオケーブルテクノロジーがUSB伝送においても、その性能をいかんなく発揮することを実証。コンシューマー用 Hi-Fi USB ケーブルとしては出色の5000本に迫るセールスを誇りました。

しかし、電源用導体のPCOCC-A供給終了によりやむを得ず生産完了となります。オヤイデ電気では、幾多の試行錯誤と苦難の末、次なるHi-Fiオーディオ用ケーブル導体として精密導体 "102 SSC" を自ら創り出しました。これにより、オヤイデのケーブルラインナップは精密導体 "102 SSC" に順次刷新され、世界中のオーディオファイルから賞賛の声を以って迎えられています。

そして2015年、オヤイデのHi-Fi USBケーブルは精密導体 "102 SSC" によってさらなる磨きが掛けられ、"Continental 5S V2"としてリニューアルを果たします。

"オヤイデ電気"であること。すなわち"完全なるMADE IN JAPAN"を意味します。一切の妥協を排し、すべての部材、構造を細かく検証し、概念的な見地からの物作りではなく、あくまでもデータと理論に基づいた製品創り。これこそがオヤイデ電気のクラフツマンシップ。Hi-Fi USBケーブル"Continental 5S"も例外ではありません。

"Continental 5S"を語る上でもっとも特徴的なのは、シグナルラインに採用された5N純銀です。高度な生産管理の下高周波電気炉による連続鋳造、19工程にも及ぶ冷間圧延、2度に渡る焼鈍作業、ダイヤダイスによる引き抜き加工、スキンパス処理などを行い、純度だけではなく結晶組織にも配慮された高品位銀線です。これにより、応力歪みがなく整列結晶化された導体が完成しました。

また、パワーユニットについても細心の注意がなされています。ケーブルの可とう性能と安全性を考慮した結果、AWG22の"102 SSC"ストランディングワイヤーを選定。絶縁体には、絶縁体中最も誘電率の低い、FEPを採用。またケーブルの介在には、低静電容量で静電気を帯電しない100%ピュアシルクフィラメントを採用"Continental 5S"の伝送特性の向上に大きく貢献します。

さらに、シールドに至っては高いシールド性能を誇るシグナル・パワー独立懸架型ハイブリッド・シールディング。ワイドバンドのノイズをプロテクトし高い次元でのシールド性能を発揮します。ケーブル製作に最も注力を注いだのは完全なるインピーダンスマッチング。"Continental 5S"は、医療用ケーブルなどを製造する国内協力工場に依頼し、高度な生産管理のもと生産され、安定した伝送特性を特性を示します。そしてその伝送性能はUSB2.0(HI-SPEEDモード)の規格をクリアすることはもちろんのこと、オーバースペックともいえる伝送特性を示します。

もちろん端末コネクターにおいてもオヤイデらしさが漲ります。信号伝送の要となる接点には、鉛や鉄分を含まないROHAS対応の高品質銅合金を採用。接点のメッキはすでに数多くの製品で実績のある、導電率と耐久性を兼ね備えた、2レイヤー・ダイレクト・プレーティングを採用。第一層目のプレーティングは、貴金属の中でも最も高い導電率を誇る純銀によって仕上げられ、2層目には高強度のロジウムプレーティングを採用。また、コネクター部には真鍮削り出しアウターシェルをはマウントし、接合部を外部ノイズから守ります。

特徴

Continental 5S

Special… コンタクト部分のメッキは導電率と耐久性を兼ね備えた、オヤイデ電気オリジナル・特別仕様の2レイヤー・ダイレクト・プレーティングを採用。一層目のプレーティングは、高い導電率を誇る純銀によって仕上げられ、2層目には高強度のロジウムプレーティングを採用。

continental5s_400_02.jpg

Silverスキンパス処理を施した高品位5N純銀導体を使用し、ロスのない確かなデータの高速伝送を実現。

Shield鉄壁の守りともいえるシールディング。100%の遮蔽率を誇るカッパーフォイルシールドで信号線・電源用線を完全分離し、更にアルミフォイル・シールディングを施した上、周波数特性の高い銀メッキ銅編組(90%)を採用し、ジッターロスを極限まで軽減。

Signal 伝送速度480Mbpsの高速通信USB2.0(HI-SPEEDモード)に完全対応。デジタル伝送に重要なケーブルの特性インピーダンス調整は、インピーダンスを最大限に考慮した設計と高度な技術で厳密なピッチ調整を行ないました。

Silk ケーブルの介在には、低静電容量で静電気を帯電しない100%ピュアシルクフィラメントを採用。ケーブル内に信号が流れると微弱振動が発生し、静電気を帯電している物質はその振動によりコロナ放電をします。この問題を解決するために、シルクフィラメントをマウント。

電源用導体 ケーブルの可とう性能と安全性を考慮した結果、AWG22の"102 SSC"ストランディングワイヤーを選定。

これら初代"Continental 5S"の革新技術を継承しつつ、電源用導体にAWG22の精密導体"102 SSC"ストランディングワイヤーを選定しました。また、ケーブルとコネクターの接合部は磁場が乱れ、ノイズが混入しやすいため、初代"Continental 5S"と同様に、ケーブルとプラグははんだ付けされた後、メタルシェルによってカバーされ、樹脂モールディングされます。さらに真鍮削り出しのアウターシェルをプラグ部分に配置し、接合部を外部ノイズから守ります。"Continental 5S V2"は既成概念を打ち破り、オヤイデ・エンジニアリングの粋を結集した、まぎれもないオーディオファイルだけのために創られたHi-Fi USBケーブルなのです。

Silver---導体に純銀を採用

Continental_5S_V2_102_600.jpg

高速伝送を実現するために選択された最良の素材。純銀"Continental 5S"は中心導体に金属中で最も導電率(銀 61e6 銅 58e6 σ[S/m])の高い純銀導体を採用しています。導電率からもその優れた特性を察知すること可能ですが、純銀は高純度銅よりも遥かに電気特性が優れるレアメタルなのです。素材自体の価格差が、実に100倍以上(9/11’現在)というプレミアム・マテリアルをコアに持つ"Continental 5S"。その精錬・精線方法にも匠の技と、品質に対する深い造詣が冴えわたります。

インダストリアルグレードとは一線を画す、ジュエリーグレードの純銀をインゴットの状態から加工に入ります。"Continental 5S"はインゴットの状態ですでに5N態のバージンマテリアルを、セラミック製のルツボで溶解させます。しかも、このルツボはワンショットごとに交換され、常に新しい状態の物が使用されます。これらすべて工程は高周波電気炉の中で作業され、しかも作業中は不活性ガスを炉内に封入し、酸素との遮断を図ることによって不純物の混入を防ぎます。

さらに溶解後、直径15mmの丸棒に成型された純銀は、19工程にも及ぶ冷間圧延工程を経て線状に形成されます。その後、いよいよ精線工程に入りますが、ここでも匠の技が生かされます。急激なダウンサイジング化を嫌い、数回に及びダイヤモンドダイスによる低速引き抜き加工を行います。約0.5mmに揃えられた銀線は、導体の表面を削り平滑化させるスキンパス加工を行い、導体の表面を鏡面化します。

しかし、作業工程はここで終了するわけではありません。引き抜き工程により発生した結晶内のストレスを緩和させる為、2度にわたりアニール処理が施されます。一定温度に保たれた低温電気炉の中で、ゆっくりと時間をかけケーブル内に発生した応力歪みを緩和します。この間、電気炉内は不活性ガスを充填させ酸素との結合を防ぎ、まったく不純物を含まない高純度純銀線が完成します。さらに、完成した銀線はすぐさま窒素ガスを封入しパッケージングされ、絶縁体を付ける工程まで大切に保管させます。

Shield----鉄壁の守りともいえるシールディング

オヤイデ電気は、つねに極めて高い目標を自らに課してきました。それはひと目でオヤイデ製品と分かる明確なメッセージを伝え、さらにオヤイデの製品のオーナーが期待する、傑出したパフォーマンスと純粋な歓びを約束する製品であることを示すためです。 その実現のために、オヤイデのケーブルづくりの原則である徹底したプランニングと、インテリジェントなパフォーマンスの融合を追求するとともに、あらゆる無駄を省き、最も重要な真のUSBケーブルとしてあるべきスピリットを余すところなく注ぎ込んでいます。

追い求めたのは限りないトランスペアレンシィ"Continental 5S"から奏でられる静寂感は、複雑化するシステム環境から発生するあらゆる周波数帯域のノイズに適応させるため、シールドデザインがなされました。 電源、信号分離型シールディング。

オヤイデ電気ではプライベートブランド"d+シリーズ"を製作した時から、すでにこの構造を取り入れています。従来のUSBケーブルは内部で信号、電源をツイストペアにしているだけで、電源ラインからのノイズが信号ラインへ乗ることによって、ジッターロスの原因になっていました。"Continental 5S"は電源、シグナルラインをツイストペアにすることはもちろんのこと、それぞれのラインを100%の遮蔽率を誇るカッパーフォイルシールドで完全分離しました。さらに外来ノイズに対しては高周波ノイズに対して高い効果を発揮するアルミフォイルシールディングと、周波数特性の高い銀メッキ銅編組(90%)を採用。

またコネクター部にもオヤイデらしい配慮がなされています。ケーブルとコネクターの接合部は磁場が乱れ、ノイズが混入しやすいことをオヤイデ電気は知っています。ケーブルとプラグははんだ付けされた後、メタルシェルによってカバーされ樹脂モールディングされます。さらに"Continental 5S"は真鍮削り出しのアウターシェルをプラグ部分に配置し、接合部を外部ノイズから守ります。

continental5s_400_03.jpg

この過剰とまで言えるシールドは、ジッターロスを軽減させることに大きく寄与し、限りなくクリアな信号伝送を実現するために必然的に生まれたものです。

Special----コンタクト部分

オヤイデ電気の製品づくりは常に独創的であり、細心の注意がはらわれ、妥協という考えは存在しません。そして、私たちはコンタクト部分も音質に多大な影響を与えることを知っています。"Continental 5S"の端末コンタクトも例外ではありません。

信号伝送の要となる接点には、鉛や鉄分を含まないRoHS対応の高品質銅合金を採用。 接点のメッキは、すでに数多くの製品で実績のある、導電率と耐久性を兼ね備えた、2レイヤー・ダイレクト・プレーティングを採用。第一層目のプレーティングは、貴金属の中でも最も高い導電率を誇る純銀によって仕上げられ、2層目には高強度のロジウムプレーティングを採用。この特別なコンタクト部分を可能にしたのも、オヤイデ電気のオーディオに対する情熱なのです。他の追従を許さない製品づくり。オヤイデの製品はこうしたわずか一ミリ程度のコンタクトにも妥協をすることはありません。

Signal----伝送速度480Mbpsの高速通信USB2.0(HI-SPEEDモード)に完全対応

デジタル信号はアナログ信号と比べ、実にシビアな伝送特性が要求されます。 "Continental 5S"は高度な医療用ケーブルなどを製造する国内協力工場に依頼し、高度な生産管理のもと生産され、安定した伝送特性を特性を示します。最も注力を注いだのは完全なるインピーダンスマッチング。

デジタル伝送に重要なケーブルの特性インピーダンス調整は、インピーダンスを最大限に考慮した設計と高度な技術で厳密なピッチ調整を行ないました。 安定した信号を送るにはインピーダンスをコントロールする必要があるため距離・太さ・ケーブル同士の距離・撚りなどを考慮しなくてはいけません。"Continental 5S"は正確にインピーダンスマッチングがとれているため綺麗な電気信号波形を有し、終端反射などを起こすことなく反射ノイズを抑え正確な転送と優れた安定性を実現します。

また、通常のUSBケーブルの場合は、導体径がAWG 28ですが、"Continental 5S"は実に2.4以上の導体面積のAWG 25純銀ソリッドワイヤーを採用。これは、導体抵抗を低下させることで伝送ロス(電圧降下など)を軽減し、ジッターロスの抑制を目的としています。 また、同様に電源ケーブル部についても細心の注意がなされています。ケーブルの可とう性能と安全性を考慮した結果、AWG22の"102 SSC"ストランディングワイヤーを選定。

USB2.0(HI-SPEEDモード)の規格をクリアすることはもちろんのこと、オーバースペックともいえる伝送特性を示します。

ケーブルの介在には、低静電容量で静電気を帯電しない100%シルクフィラメントを採用。 信号を伝送する上で、導体はもっとも重要な要素です。しかし、ケーブルとしての伝送特性を高めるためには、絶縁体も重要な要素です"Continental 5S"は、絶縁体による信号の損失を軽減するために、最も絶縁特性に優れたフッ素樹脂(PFA)を採用。PFAは、現存する樹脂絶縁体の中でも最も誘電率の低い物質です。さらに充填層にもオヤイデのケーブルに対する造詣がうかがえます。

PFAは、すぐれた電気特性を持つ絶縁体ですが、同時に最も静電気を帯電しやすい樹脂です。ケーブル内に信号が流れると微弱振動が発生し、静電気を帯電している物質はその振動によりコロナ放電をします。"Continental 5S"はこの問題を解決するために、シルクフィラメントをマウント。これにより、PFAに帯電された電荷は、シルクフィラメントを通して解放されます。

またこのシルクフィラメントは充填層による誘電率の上昇を防ぐとともに、ケーブルとしての柔軟性を高めます。さらに、この異種マテリアルによるレイアウトは電気的特性の向上のみならず、内部発生する振動を共振点を変えることにより素早く減衰させます。

★こんなユーザーにおすすめ★

      • DAC、オーディオインターフェイス、PCオーディオのさらなる音質グレードアップに
      • データロスを極力抑えたい方に
      • ハイレゾ音源の高品位な再生に
      • デジタル再生の高音質化対策として

製品仕様

品名 Continental 5S V2
ケーブル 信号線 :0.5mm 5N純銀コアxツイステッドペア PFA絶縁
電力線:AWG22 102 SSC ツイステッドペア PFA絶縁
信号線・電力線を各々銅箔シールド 100%シルクフィラメント介在
プラグ オリジナルUSBプラグ 電極部素材:RoHS対応銅合金
電極部メッキ:銀+ロジウム
カバー:真鍮削り出し、ベリクロームメッキ
規格 伝送速度480Mbpsの高速通信USB2.0(HI-SPEEDモード)
JAN CODE 0.6m 4582387102240
1.2m 4582387102257
1.8m 4582387102264
3.0m 4582387102271
定価 0.6m 23,000円(税別)
1.2m 29,000円(税別)
1.8m 35,000円(税別)
3.0m 46,000円(税別)
※モールド加工品のため、ケーブル延長特注はできません。
発売年月日 2015年11月20日

ページトップへ戻る