STB_MS2014_001_1600.jpgSTB_MS2014_004_1600.jpgSTB_MS2014_005_1600.jpg

STB-MSX

さらなる進化を遂げたマルチプル レコードスタビライザー

aaex2015_logo-gold_73.png

botan_kounyuu_oy03.png

概要

アナログレコードはオーディオ趣味の究極の嗜みとして、21 世紀の現在も世界中で深く広く浸透しています。アナログ再生の悦びは、レコード盤をプレーヤーにセットして、カートリッジを落とすという儀式そのものにあり、レコードスタビライザーはその儀式の一環を担うマストアイテムと言えます。オヤイデ電気では 2010 年にレコードスタビライザー「STB-MS」「STB-HW」を発売。累計出荷数 2000 台超を記録し、広くアナログファンの心を掴みました。

2014年、オヤイデのレコードスタビライザーは「STB-MSX」「STB-HWX」として、さらなるバージョンアップを果たします。前モデルのテキサリュームに換えて、カーボン FRP をトップおよびボトムディスク天面に採用。カーボン FRP の優れた振動処理によって音質面のさらなる向上を図りました。トップとボトムディスクを構成するA5052アルミ合金、真鍮クロームメッキからなるウエイト、振動を熱エネルギーに変換する EPDM ゴム製ウエイトスペーサー、そしてカーボンFRPと、4 種の複合素材によって振動モードの分散化を図り、アナログ再生の障害となる不要振動を一掃。音楽の躍動感を浮かび上がらせます。

前モデルの特徴である、ウエイトの着脱による質量可変式、カーボンFRPウエイト「STB-CM」による音質チューニング、EP アダプター機能は、そのまま継承。「STB-MSX」「STB-HWX」のスタイリッシュな外観は、手にしっくりと馴染むよう綿密にデザインされており、確実かつ安全にレコ ー ド 盤に乗せる 事 が で き ま す。使い勝手に優れた標準モデル の「STB-MSX」と、ヘビーウエイトモデルの「STB-HWX」をラインナップし、アナログユーザーの幅広い趣向に対応します。

特徴

ウエイトの装着個数による質量変更が可能。自分のフィーリングに合ったベストチューニングが行えます。さらに「STB-MSX」では、オプションのカーボンウエイト「STB-CM」への組換え、標準ウエイトとハイブリッド装着もでき、チューニングの幅をさらに広げられますSTB-MSX.jpg

ドーナツ盤には、STB-MSX / STB-HWX のトップディスクを下向きにしてセット。φ38.1のEPアダプター部がドーナツ盤の孔に嵌合することで、EPスタビライザーとして機能します。EP アダプター部は天面に向かって微妙なテーパーを有しており、ドーナツ盤の孔径のバラツキにも追随。全てのドーナツ盤にジャストフィットします。ドーナツ盤以外のレコード(EP・SP・etc...)盤には、STB-MSX /STB-HWX のトップディスクを上向きにしてセットします。

STB_MSX_HWX3.jpg

製品仕様

品名 STB-MSX
構成 トップ・ボトムディスク 各 1(A5052 アルミ合金切削 + カーボン FRP)
ウエイト ×6・連結軸 ×1(真鍮クロームメッキ)
ウエイトスペーサーx1(EPDM ゴム)
質量・寸法 STB-MSX 200g(ウエイト無)~ 440g(ウエイトフル装着)*40g単位で質量可変可能・φ70mm H35mm
JAN CODE 4582387101113
定価 18,000円(税別)
発売年月日 2012年6月10日

ページトップへ戻る