P35_series_001_2_1600.jpgP35G_001_1600.jpgP35SR_001_1600.jpgP35GL_001_1600.jpgP35SRL_001_1600.jpg

P-3.5シリーズ(3極)

最高のマテリアルと精度を誇る3.5ステレオミニプラグ

botan_kounyuu_oy03.png

概要

iPodの登場により、音楽を楽しむフィールドは無限に広がりました。その利便性から、オーディオ・ファイルにとっても新たなメディアプレーヤーとして位置づけられています。そのフィールドを選ばないポータビリティは、オーディオ・ファイルにとっても新たなリスニングスタイル確立しました。そして、iPodをコアとして様々なアクセサリーやヘッドフォンがリリースされ、とりわけヘッドフォンはなくてはならない存在です。現在ヘッドフォンマーケットは百花繚乱。

ウルトラゾーンをはじめケーブル着脱可能な機種が増えています。それに伴い、ケーブルの交換による音質の向上を図るユーザーも増えていることを私たちは知っています。また、新たなムーブメントとして携帯ヘッドフォンアンプの登場があります。

これらポータブル機器を繋ぐためのケーブルとして、オヤイデ電気ではHPCシリーズを発売するにあたり、ハイクオリティな3.5ミニプラグ"P-3.5シリーズ"を開発。自作派ユーザーのために、これら3.5ミニプラグの単売に至りました。先進のポータブルオーディオをより高音質に、そして造る楽しみをオーディオファンの方々に。

P35_series_001_2_500.jpg


特徴

素材・構造

HPCシリーズ(1.2.3.)およびQAC-2023.5MLSに独自のアイデンティティを与えるために設計された3.5ステレオプラグ"P-3.5シリーズ"。 金属部の材質には、欧州RoHS指令をクリアした真鍮を採用。信号伝送の要ともいうべきセンターピンには、P-3.5G/P-3.5GLでは厚肉金メッキ、P3.5SR/P3.5SRLでは1.5μ厚の銀メッキをダイレクトに施し、さらに0.3μ厚のロジウムメッキを施しました。

P35_series_001_2_1.jpg

これは接点の腐食を防ぐとともに、伝送特性の向上に寄与します。アウターシェルにも、オヤイデ電気のクラフトマンシップが反映されています。NCマシンニングにより1つ1つ丁寧に切削加工がおこなわれ、精密にローレットを刻んだのち、仕上げにはカメラのレンズと同様にベリクロムメッキがなされています。

autasyeru.jpg

また、内部構造も高い剛性を備え、かつ伝送劣化を最小限に抑えた素材による高音質設計としています。

クオリティを創造すること。この姿勢こそがオヤイデ電気の脈々と続くであろうテーマです。すべてのち密かつ丁寧な仕上げには、日本ならではのクラフトマンシップの神髄が宿ります。

芳醇な響きと音場感と低域の量感を特徴とするP-3.5G/P-3.5GL、音像がシャープで鮮明さが際立ち、低域の締まりが抜群なP3.5SR /P3.5SRL。使い勝手を鑑みたストレート型とL型。4つのバリエーションにより、自作ケーブルの楽しみがより一層広がります。

寸法図・内部図P-3.5G/P3.5SR共通

naibuzu.jpg

寸法図・内部図P-3.5GL/P3.5SRL共通

naibuzul.jpg


製品仕様

品名 P-3.5G(4mm/6mm)/P-3.5GL(4mm/6mm)/P-3.5SR/P-3.5SRL
ピン方式 3.5mm ステレオミニプラグ型
外見形状 ストレート型:P-3.5G/P-3.5SR L型:P-3.5GL/P-3.5SRL
ピンメッキ 24K金(P-3.5/4G)、銀+ロジウム(P-3.5/4SR)
センターピン材質 P-3.5G/P-3.5GL 削出し真鍮+厚肉金メッキ
センターピン材質 P-3.5SR/P-3.5SRL 真鍮+銀メッキ(1.5μ)+ロジウムメッキ(0.3μ)
アウターシェル最小径 8.0mm
アウターシェル最大径(ローレット部分) 8.3mm
接合方式 ハンダ付け
適合ケーブル径 6.0mm以下
JAN CODE P-3.5G 4562112769092
P-3.5GL 4562112769085
P-3.5SR 4562112760334
P-3.5SRL 4562112760341
定価 P-3.5G/P-3.5GL 各800円(税別)
P-3.5SR/P-3.5SRL 各1,200円(税別)
発売年月日 2009年06月10日

ページトップへ戻る