mts_6_1600_hp.png

MTS-6

ステンレスシャーシにリン青銅無メッキコンセントをマウント

audio_meiki2006_73.png

botan_kounyuu_oy03.png

概要

シンプルだからこそ幅広くご使用いただけ、シンプルだからこそ飽きが来ない。本製品はエントリークラスという位置付けのもと、長年積み重ねた「オヤイデ電気」の細やかなノウハウを随所に盛り込みました。敢えて電源コード着脱式を採用し、電源コードを交換していただくことにより、ご自身にあった音色をお楽しみいただけることでしょう。入門クラス、機材の多いホームシアターをされている方に特にお薦めします。

特徴

本体

非常に高い剛性を持つステンレスシャーシを使用しました。使用部材のステンレスは非磁性のオーステナイト系SUS304を使用。また、対振動性だけではなく電磁波やノイズを強力にガードします。

mt_us_400.jpg

オリジナルコンセント使用

電源タップを構成するパーツの中で、最重要部分といっても過言でないコンセント。本製品は音質に定評のあるオヤイデ製「SWO」をモディファイ致しました。本体には硬度・比重などの観点からガラスフィラー入りナイロン樹脂、コンセントを支持する金具は非磁性厚肉の真鍮を用いました。また、歯受けの部分(コンセント差込部分)はバネ性が高いリン脱酸銅(無メッキ)を使用。

2mm4N無酸素銅単線使用

内部配線に、2mm4N無酸素銅単線を使用しました。また、配線の絶縁体には誘電率の低いポリオレフィン樹脂を使用しました。

3点、4点支持選択可能真鍮削り出しスパイク使用

振動を床に伝える部分の足は、通常はゴム足などを用いますが、本製品は特別に真鍮材を削り出しし精度の高いスパイクを標準装備いたしました。また、出荷時は4点となっておりますがセンターにネジ穴を設けてある為、お好みで3点支持への変更も可能です。

INS-BSねじ止め固定可能

MTB-4/MTB-6/MTS-6およびOCB-1シリーズ(Ver.2012以降)においてINS-BSをねじ止め固定できます。MTB-4/MTB-6/MTS-6は真鍮スパイク(OSP-SC)を外してからM4ネジでINS-BSを取り付けます。OCB-1シリーズは底面四隅のねじ切り孔にM4ネジを介してINS-BSを取り付けます。

MTB_INS_BS_400.jpg

(取り付けに必要なM4ネジとドライバーは、お客様ご自身でご用意ください。)

ロジウムメッキインレット

インレットはMTBシリーズにも採用の定評あるIEC320インレット (NC174RR)を使用。真鍮材に下地として導電率の高い純銀厚肉メッキ(1.5μ)を施し、仕上げに通常の3倍の厚さのロジウムメッキ(0.3μ)と高品質2層メッキを施しました。また、外郭も耐熱強化樹脂にガラス粉を混入しハイスピードで伸びやかな最高品質のインレットとなっております。また、IECインレット部分は内部外郭へ電磁波吸収体を使用することにより、接点部分に生じる磁気ノイズを吸収し、接点による磁気歪みを軽減いたしました。

174R_400.jpg

音響専用ハンダ”SS-47”を使用。

配線のハンダ付けには、オヤイデ電気オリジナルの音響専用ハンダ”SS-47”を使用。通常のはんだはコスト面から錫の純度が99.9%(3N)程度です。”SS-47”はさらに純度を上げ不純物を極限まで排し、実に99.993%(4N)以上という高純度錫を採用。また導電率の向上、はんだの食われ防止を目的とし、銀、銅を配合しました。しかも通常の合金はんだの場合、銀の配合比は3~3.5%ですが”SS-47”はなんと4.7%という物量を惜しげもなく投入。さらに、金属の中でも銀の次に導電率の高い銅を1.7%配合。この配合比により導電率は飛躍的に向上し、共晶点217度に設定することに成功。

勿論これらの配合比は、数値的なデータと作業性だけで判断したわけではありません。 オーディオ用ハンダと銘を打つには、音質が最優先されてしかるべきと考えます。 さまざまな配合比のプロトモデルを幾度とないヒヤリングテストにより生み出されたのが”SS-47”なのです。

SS47_ALL_001_400.jpg


製品仕様

品名 MTS-6
コンセント差込口数 6口
コンセント オリジナルコンセント(リン青銅無メッキ電極採用)
入力方式 オヤイデ電気製 銀ロジウムメッキインレット174RR
内部配線 OFC 2mm単線
外径寸法 W 70 × H 50 × L 385
質量 1.6Kg
筐体 1.6mm厚ステンレス
入力ケーブル なし
定格 125V/15A  PSE認証品
JAN CODE 4562112761157
定価 22,000円(税抜き)
発売日 2005年7月15日

ページトップへ戻る